Info

Archive for

Androidでは、AVD (Android Virtual Device) と呼ばれるエミュレーターを使い、デバッグを行うことができます。Android 4.0以前のAVDは、ARM CPUのエミュレーションのみでした。x86あるいはx64のCPU上では、異なるCPUのエミュレーションを行うため、起動に時間がかかったり動作が重かったんです。4.0.3以降になって、Intel x86のエミュレーションが追加されて、さらにCPUの仮想化支援機能や、ホストGPUサポートと組み合わせることにより、高速な仮想デバイスを作成することができるようになりました。

AndroidSDK Managerより、以下をダウンロード。
Extras/Intel x86 Emulator Accelerartor(HAXM)

Intel x86 Emulator Accelerartor
Android 4.2(API 17)/Intel x86 Atom System Image

Android 4.2(API 17)/Intel x86 Atom System Image

***/adt-bundle-mac-x86_64-20130729/sdk/extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager/IntelHAXM.dmg
IntelHAXM.dmg ダブルクリック起動

IntelHAXM.dmg

AVDの「CPU/ABI」から「Intel Atom (x86)」を選択して、Emulation Optionsも「Use Host GPU」にチェック入れとく。

Untitled

これで少しは快適になるはず!