Info

これ、何ヶ月ぶりのブログ更新だろう?半年か!

先日 Galaxy Nexus (docomo) の OTA で Android 4.0.4になってテザリングが標準に付いてきた。
今まではroot取って、WiFi Tether for Root Usersを使ってが、動かなくなった。Androidのアップグレードでroot化されたやつが可笑しくなったみたい。
試しに標準のテザリングをやってみたら、案の定パケ放題のほかにFOMAの通信料が追加されてた。これはテザリングの料金だな。。。
調べてみたら、通常の3G SPモードの時のIPアドレスとテザリングの時のIPアドレスが違う。おそらくdocomoがテザリングの時にAPNを変えただろうと。
テザリング契約してないユーザには接続させないのが普通だような。。。やり方が汚い!!!
どうしてもじゃないけど、無料でテザリングしたい(実際はほとんどやってない)。単にdocomoに勝ちたい?という気持ちでちょっとやったことをメモ。
root取ったり、カスタムROM入れたりしてNexusが汚くなったので今回奇麗にしたいのも一つの理由

1. 初期化
AOKP ROMを入れてたの端末での初期化したら AOKPの初期化になってNexusの初期化になってない。
ROM Managerでバッグアップ取ったGalaxy Nexus ROMで復元する。
1. Power + Volume 上下ボタンを当時に押して、BootLoader画面を出す。
2. Recorvery Mode選択してPowerボタン
3. Backup and Restoreを選択して、ROM Manager でバックアップしたROMを復元する。

adb shellで中に入ってみると以下のディレクトリにあった。
# cd /sdcard/clockworkmod/backup/
CyanogenMon/ Galaxy_Nexus/ Team_Kang/

Galaxy_Nexusを選択して復元する。

復元はしたけどゴミが残ってみるみたいでROMのインストールでどうも可笑しい動きがしてきたので、docomoの純正ROMに戻してみる。
データが全部飛んじゃうのでバックアップが必要。自分は全部クラウドにあるので必要なし。

https://www.dropbox.com/sh/c7z1l0hai098u82/LOn7Kachfu
URLから docomo-romをダウンロードする。

$ cd docomo-rom
# bootloaderで起動 Power + Volume ↑↓と同じ
docomo-rom dongriab$ adb reboot bootloader  
docomo-rom dongriab$ fastboot erase system -w
docomo-rom dongriab$ fastboot erase boot
docomo-rom dongriab$ fastboot flash system system-ITL41D-SC04D0MKKD.img
docomo-rom dongriab$ fastboot flash boot boot.img
docomo-rom dongriab$ fastboot reboot
docomo-rom dongriab$ 

Googleロゴが二回出たあと正常に起動される。

端末情報を見るとAndroid 4.0.1になった。これは買う時のバージョンだね。。。
それでアプリケーション一覧に Super Userがなくなった。これはもう完全な初期状態だ。よっし!
1分ぐらい待つとOTAが来る、おそらく4.0.4だろう。
OTAは来たが再起動するところで失敗した。
端末初期化ボタンを押してもう一度待つ。
来たけどもう一回失敗。
しょうがなく手動してアップグレードすることにした。

上のリンクから OTA ファイルダウンロードする。
7f97fbc19417.signed-yakju-IMM76D-from-ICL53F.7f97fbc1.zip ファイルをダウンロードして install しようとしても失敗。

Google サイトでimageファイルを直接ダウンロードすることに

https://developers.google.com/android/nexus/images
docomoのやつはこれっぽい
https://developers.google.com/android/nexus/images#yakju

https://www.dropbox.com/sh/ac9ruf65aneolfq/L5HvGLUD4G
yakju-imm76i-factory-8001e72f.tgz ダウンロード

解凍して bootloaderにして flash-all.shを実行

yakju-imm76i dongriab$ adb reboot bootloader
yakju-imm76i dongriab$ ./flash-all.sh 
yakju-imm76i dongriab$ 

終わったら再起動。

今度はデフォルト言語が英語になってた。
試しにテザリングして見たが、APNが変わってなかった。当然だよなdocomoの純正romのアップグレードじゃないんだから。

2. rootを取る
https://www.dropbox.com/sh/hojofhhvgpd44wf/YVgAggxVlC

$ adb push su.zip sdcard/
$ adb reboot bootloader
$ fastboot flash recovery recovery-clockwork-5.5.0.4-toro.img

Recovery mode 選択して install zip from sdcard
su.zip を選択して install su.zip
終わったら go back , restart system now

再起動してアプリケーション一覧に Superuserが現れた。

3. ROMを入れる
ROM Manager を play からインストール
ROM Manager 起動してclockworkなんとかをインストール(GSM)

CyanogenModを使ってたがバッテリーが半日も持てなかったので Team Kangを入れる。

以上でNexusも奇麗になって、あの汚いdocomoを騙してテザリングも可能に!

これ書く必要ないですが、自己責任でお願いします

Comments

2 Comments

Post a comment
  1. August 2, 2013

    『「膝小僧」が「膝大憎」にならないために!』
    そして日本人にとっては弱点でもあると思う。

  2. March 16, 2014

    It’s really a great and useful piece of information.

    I am glad that you just shared this useful information with us.
    Please keep us informed like this. Thank you for sharing.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS