Info

Archive for

1. 証明書を要求
キーチェーンアクセス → 証明書アシスタント → 認証局に証明書を要求
メールアドレス:Apple IDに登録されてるメールアドレス
通称:適当に
要求の処理:ディスクに保存選択、鍵ペア情報を指定チェック

鍵ペア情報
鍵のサイズ:2018ビット
アルゴリズム:RSA

デスクトップに「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」が生成されるはず

2. Program Portal
2.1 Certificates
Certificates → Distribution → Request Cerfificates
「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」選択してsubmit
少し待ってリロードするとダウンロードボタンが出てくるのでダウンロードする

2.2 Devices
Devices → Add Devices
Device Name:適当
Device ID:iPhone UDID(http://www.google.co.jp/search?aq=f&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=iPhone+UDID)
Submit

2.3 App IDs
App IDs → New App ID
Description: アプリ名
Bundle Seed ID: Generate New
Bundle Identifier: company name . app name?

2.4 Privisioning
Privisioning → Distribution → New Profile
Distribution Method: Ad Hoc
Profile Name: 適当
Distribution Certificate: 2.1で作成したCertificate
App ID: 2.3で作成したAppIDを選択
Devices: 2.2で作成したデバイスを選択
Submit
少し待ってリロードするとダウンロードボタンが出てくるのでダウンロードする

3. Xcode
3.1 プロフィールを登録
2.4でダウンロードしたプロフィールファイルをダブルクリックするとXcodeに登録される
ウィンドウ → オーガナイザ → Provisioning Profiles で確認できる

3.2 Bundle identifier
***-info.plistのBundle identifierに2.3で設定したBundle Identifierを設定

3.3 Entitlements.plist
Resources右クリック → 右クリック → 追加 → 新規ファイル → Code Signing → Entitlements
Entitlements.plistファイル作成

3.4 Distribution
プロジェクト → プロジェクト設定の編集 → 構成
Release を選択して複製して名前を「Distribution」にする
ビルドタブをクリックして、構成を「Distribution」にする

プロジェクト → アクティブなターゲット”???”編集
Any iPhone OS Device: Distributionプロフィール設定
コード署名権限: Entitlements.plistが設定されてることを確認

3.5 ビルド
ビルド → クリーニング
アクティブSDKをDevice、アクティブな構成をDistributionに指定してビルド
build → Distribution-iphoneos に生成される ***.app を確認

3.6 配布
生成された ***.appファイルと2.4でダウンロードしたプロフィールファイルをユーザに送る

4. インストール
ユーザは送って来た、***.appファイルとプロフィールファイルをiTunesにドロップして同期

Advertisements

前回はWindows環境でAndroid1.5を試してみたが今回はMac OS Xで試してみる。

1. SDKダウンロード
http://developer.android.com/sdk/
Mac OS X(intel)版をダウロードする。解凍したらて適当な場所に保存する

2. Eclipseをダウロードする
http://www.eclipse.org/downloads/
一番に下にある、Eclipse Classice の Mac Cocoa 32bitを選択してダウンロード。
同じく解凍したら適当な場所に保存する。

3. ADT Pluginをインストール。
Eclipse.appを起動して、以下のupdate siteからプラグインをインストール
update site: https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

4. emulatorを起動してみる
$ ./emulator
emulator: ERROR: You did not specify a virtual device name, and the system
directory could not be found.

If you are an Android SDK user, please use ‘@’ or ‘-avd ‘
to start a given virtual device (see -help-avd for details).

Otherwise, follow the instructions in -help-disk-images to start the emulator

$

Virtual Device作成
$ ./android create avd -n dongrikim -t 2
Error: Target id is not valid. Use ‘android list targets’ to get the target ids.

$ ./android list targets
Available Android targets:
なにも出てこない!

調べたところSDK Componentsを入れないと作れないらしい。
Android SDK and AVD ManagerでComponentをインストール

インストール完了したらもう一度
$ ./android list targets
Available Android targets:
id: 1 or “android-3”
Name: Android 1.5
Type: Platform
API level: 3
Revision: 1
Skins: HVGA (default), HVGA-L, HVGA-P, QVGA-L, QVGA-P
id: 2 or “Google Inc.:Google APIs:3”
Name: Google APIs
Type: Add-On
Vendor: Google Inc.
Revision: 3
Description: Android + Google APIs
Based on Android 1.5 (API level 3)
Libraries:
* com.google.android.maps (maps.jar)
API for Google Maps
Skins: QVGA-P, HVGA-L, HVGA (default), QVGA-L, HVGA-P
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
$

今度は出てきた。

Virtual Device作成
$ ./android create avd -n dongrikim -t 7
Android 2.1 is a basic Android platform.
Do you wish to create a custom hardware profile [no]
Created AVD ‘dongrikim’ based on Android 2.1, with the following hardware config:
hw.lcd.density=160
$
成功したようだ。

avdを指定してemulatorを起動してみる
$ ./emulator -avd dongrikim