Info

Archive for

icon_mpegstreamclip

縦になったmov形式の動画を横に変換するツール(MPEG Streamclip)を紹介します。なぜこんなmovがあるかと言いますと、iPhone 3GでJB後にインストールしたCycorderで録画すると動画が縦になります。

http://www.squared5.com/

Mac, Windows両方対応してます。

サポートするフォーマット
MPEG, VOB, PS, M2P, MOD, VRO, DAT, MOV, DV, AVI, MP4, TS, M2T, MMV, REC, VID, AVR, M2V, M1V, MPV, AIFF, M1A, MP2, MPA, AC3

機能としては

  • 主要な動画ファイル(QuickTime, DV, AVI, MPEG-4, MPEG-1; MPEG-2 , VOB)のプレイヤー機能
  • 上記フォーマットの動画ファイルの編集機能(カット、トリミング、タイムコード修正など)
  • 上記フォーマットの動画をQuickTime, DV/DV50, AVI/DivX , MPEG-4(高画質エンコード)などにフォーマット変換
  • MPEG, PCM, AC3 audio形式のストリームクリップをURLから直接ダウンロードしたり、再生可能
  • ムービーファイルのJPEG(JPG)、TIFF、PNGへのフレーム(画像)出力
  • 動画ファイルから映像、音声部分の分離(Demux)

90度回す方法

1.ファイルを開く
2.メニューから「File」->「Export to QuickTime…」を選択
3.「Rotation」の回す角度を選ぶ。
4.「Make Movie」ボタンを押してエクスポート

MPEG Streamclip

i-FunBox1この前「DiskAidでiPhoneをディスクとして使用」という記事を書きましたが、そのDiskAidがいつの間にか有料になってました。ショック・・・

PC、Macから一方的にiPhoneにデータ転送するなら最悪scpコマンドでできますが、iPhoneからデータを取り出したい場合もあります。例えば、Cycorderで録画したビデオとか。

今回紹介するのは、iFunBoxというツールです。
以下のサイトからダウンロードできます。
http://i-funbox.com/

(残念ながらMac版はないようです)

i-FunBox

trac_banner1.こちらからTracダウンロード

http://www.i-act.co.jp/project/products/products.html

2.python バージョン確認

[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# python -V
Python 2.5.1
[root@lion Trac-0.11.4.ja1]#

3.インストール

[king@lion Trac-0.11.4.ja1]$ ./setup.py
Traceback (most recent call last):
File “./setup.py”, line 15, in <module>
from setuptools import setup, find_packages
ImportError: No module named setuptools

エラー発生
4.setuptoolsをインストール

[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# python ez_setup.py
Downloading http://pypi.python.org/packages/2.5/s/setuptools/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
error: invalid Python installation: unable to open /usr/lib/python2.5/config/Makefile (No such file or directory)
[root@lion Trac-0.11.4.ja1]#

エラー発生

5.python-develをインストール

[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# yum -y install python-devel

6.setuptoolsをインストール再実行

[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# python ez_setup.py
Downloading http://pypi.python.org/packages/2.5/s/setuptools/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Processing setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Copying setuptools-0.6c9-py2.5.egg to /usr/lib/python2.5/site-packages
Adding setuptools 0.6c9 to easy-install.pth file
Installing easy_install script to /usr/bin
Installing easy_install-2.5 script to /usr/bin

Installed /usr/lib/python2.5/site-packages/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Processing dependencies for setuptools==0.6c9
Finished processing dependencies for setuptools==0.6c9
[root@lion Trac-0.11.4.ja1]#

7.trac インストール再実行

[root@lion Trac-0.11.4.ja1]# ./setup.py install

8.trac プロジェクト作成

[king@lion www]$ trac-admin trac initenv
Creating a new Trac environment at /var/www/trac

Trac will first ask a few questions about your environment
in order to initialize and prepare the project database.

Please enter the name of your project.
This name will be used in page titles and descriptions.

Project Name [My Project]> trac

Please specify the connection string for the database to use.
By default, a local SQLite database is created in the environment
directory. It is also possible to use an already existing
PostgreSQL database (check the Trac documentation for the exact
connection string syntax).

Database connection string [sqlite:db/trac.db]>

Please specify the type of version control system,
By default, it will be svn.

If you don’t want to use Trac with version control integration,
choose the default here and don’t specify a repository directory.
in the next question.

Repository type [svn]>

Please specify the absolute path to the version control
repository, or leave it blank to use Trac without a repository.
You can also set the repository location later.

Path to repository [/path/to/repos]> /var/svn/yuansu

Creating and Initializing Project
Installing default wiki pages
TracReports imported from /usr/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.4.ja1-py2.5.egg/trac/wiki/default-pages/TracReports
・・・・・・
TracSupport imported from /usr/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.4.ja1-py2.5.egg/trac/wiki/default-pages/TracSupport
WikiDeletePage imported from /usr/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.4.ja1-py2.5.egg/trac/wiki/default-pages/WikiDeletePage
SandBox imported from /usr/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.4.ja1-py2.5.egg/trac/wiki/default-pages/SandBox
TracWiki imported from /usr/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.4.ja1-py2.5.egg/trac/wiki/default-pages/TracWiki
Indexing repository
[114]
——————————————————————————————————-
Project environment for ‘trac’ created.

You may now configure the environment by editing the file:

/var/www/trac/conf/trac.ini

If you’d like to take this new project environment for a test drive,
try running the Trac standalone web server `tracd`:

tracd —port 8000 /var/www/trac

Then point your browser to http://localhost:8000/trac.
There you can also browse the documentation for your installed
version of Trac, including information on further setup (such as
deploying Trac to a real web server).

The latest documentation can also always be found on the project
website:

http://trac.edgewall.org/

Congratulations!

[king@lion www]$

9.httpd.conf 設定

Alias /trac “/var/www/html/trac/”
<Location /trac>
SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracEnv /var/www/html/trac
PythonOption TracUriRoot /trac
</Location>
<Location /trac/login>
AuthType Basic
AuthName “Gedero Trac”
AuthUserFile /var/www/html/trac/auth/.htpasswd
Require valid-user
</Location>

10.mod_python インストール

[root@lion html]# yum -y install mod_python

以上で、完了

googlesync_184x138この前「iPhone(3G) Calendar と Google Calendar を同期させる」方法を書きましたが、他にもiPhone CalendarとGoogle Calendarの同期方法が何種類あります。しかし、どっちもサードパーティー製で安全性が気になるところです。MobileMeを使ったことある方ならあのPush型が魅力的ですが、年間9800円はどう考えても高いなと思います。自分も一年でやめました… 別にMobileMeの使い勝手が悪いのではなく単にGmailとGoogle Calendarの虜になっただけです。

今回紹介するのはGoogleが提供するExchangeサーバー?を利用した、iPhone連絡先とカレンダーをGmail ContactsとGoogle Calendarとの同期方法です、しかもiTunesを経由せずpush型で。こちらを参考にしてました

1.設定画面で、Microsoft Exchange をタップ

IMG_0070

2.Email,UsernameにGmailのアドレス、パスワードを入力して「次へ」

IMG_0071

IMG_0072

IMG_0073

3.Acceptを選択して次へ

IMG_0074

4.Serverのところに「m.google.com」を入力して「次へ」

IMG_0075

IMG_0076

5.Contacts、CalendarsをONに「Done」 ※今のところMailはサポート対象外

IMG_0077

6.同期するカレンダーを設定する。
デフォルトではメインのカレンダーのみ同期されます。複数カレンダーを持つ場合は同期するカレンダーを設定する必要があります。
iPhone(Safari)から「http://m.google.com/sync」にアクセス。言語を変更をクリックして言語を英語にします。

IMG_0078

IMG_0079

同期するカレンダーを選択して「Save」

IMG_0080

以上で、設定完了で~す、これであの面倒なiTunes同期しなくてもOK!