Info

東京で一番嫌いな場所は入管(入国管理局)です。理由はいろいろありますが、その中で一番の理由、一番許せないのが職員たちの言葉使いです。なぜ敬語を使わないですかね?しかも命令語で。「ここ、書かないとダメだよ、書いて提出して!」、「2番窓口で待ってて」などなど、せめて後ろに「ください」は付けてほしいですね。

いくら嫌いでも私たち外人は1年か3年に一度は入管に行かなくてはなりません、ちゃんとした手続きをしなければ不法滞在になるので。今日も在留期間更新のため入管に行きました。バスを降りたら入口の所にマスコミに囲まれて誰か演説?してました。初めはどこかの外人集団かと思い、気にせずイヤホンを付けたまま2階に上りました。待ち順の番号を見ると自分の番まで結構あったので外に出ていっぷくすることにしました。

3340285587_df3cec6185_b

外に出たら、「不法滞在者を叩き出せ!」、「外人犯罪者を叩き出せ!」と聞こえて来ました。よく聞くと外人団体ではなく日本の方が入管に対しての抗議の声でした。続けて聞くと「われわれは、ここに来てる外国の方は歓迎です!歓迎です!」、続けてマスコミに対して「あなた朝日?反論したいなら反論してみろ!」。確かに言ってることが正しいので誰も反論できませんね。時間の問題で最後まで聞けなかったんですが、思いは伝わりました。

帰りのバスで思ったのが、誰が悪いのか?不法滞在者?それとも入管?

カルデロン一家みたいな不法滞在者をみると本当に同情というか、可哀そうな気持ちです。15年前入管がしっかりとやってればこんなことにならなかったでしょう。

Comments

No comments yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS