Info

Archive for

またまたiPhoneのネタです。長いタイトルですが、iPhoneに興味を持ってる方は一度はどこかで見かけたことがあると思います。少なくともYouTubeにはいっぱいあります。しかしどこからそんなものを入手できるか?は時間をかけて調べないとね……

まず、YouTubeでiGirlを見たとき「お~、これおもろ~」と思いながらこんなAppを作った人の発想にちょっと感動しました。実際iPhoneを買って本格に調べてみたところ、単なるVideoっていうことがわかって、騙された気分?よくわかりません。そのほかにiWashこんなトリックも結局はVideo。ということでネットで集めてたちょっと面白いVideoを公開したいと思います。

推奨環境:
iPhone 3G
iPhone Software 2+
18歳以上

Download: iPhone Videos

最近世の中で、WebサイトをiPhone用インタフェースにするところがどんどん増えてきてます、今後も増え続けると思いますが、例としてあげたいのはFacebookのiPhone用ページです。iPhoneのブラウザがSafariなんで、Safariを使えばコンピュータでも確認できます。Firefoxでもある程度正しく表示できますが、IEではボロボロでした。そういった格好いい動いをするページ、今まで見たことのないページをどう作成したかはFacebookの開発者しかわからないですが、表面上のものはある程度まねできると思います。

1.まずはiuiというJavascriptライブラリをダウンロードします。
http://code.google.com/p/iui/downloads/list ここからライブラリをダウンロード。
ダウンロードしたファイルを解凍してみるとサンプルがあるので、イメージはつかめると思います。

2.iui.css, iui.js の読み込み
ページのhead 部分に iui.css と iui.js の読み込みコードを追加

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/iui/iui.css" />
<script type="text/javascript" src="js/iui/iui.js"></script>

3.ページ作成

<!-- トップバー -->
<div class="toolbar">
    <h1 id="pageTitle"></h1>
    <a id="backButton" class="button" href="#"></a>
</div>

<!-- Homeページ -->
<ul id="home" title="Home" selected="true">
    <li><a href="#blogs">Blogs</a></li>
    <li><a href="#play">Play</a></li>
    <li><a href="#me">Me</a></li>
    <li><a href="/"  target="_self">Safari</a></li>
</ul>

<!-- Blogsページ -->
<ul id="blogs" title="Blogs">
    <li class="group">中 and 韓</li>
    <li><a href="http://steadiness.blogspot.com/"
           target="_blank">Split-Second</a></li>
    <li class="group">日</li>
    <li><a href="https://footmark.wordpress.com/"
           target="_blank">FootMark</a></li>
    <li><a href="http://www.foxus.com/mt/mw/"
           target="_blank">Multi Works</a></li>
</ul>
<!-- Playページ -->
<ul id="play" title="Play">
    <li><a href="#youtube">YouTube</a></li>
    <li><a href="#sns">SNS</a></li>
</ul>
<!-- Meページ -->
<ul id="me" title="Me">
    <li><a href="#about">About</a></li>
    <li><a href="#projects">Projects</a></li>
    <li><a href="#gallery">Gallery</a></li>
</ul>

<!-- Aboutページ -->
<div id="about" class="panel" title="About">
    <h2>About</h2>
    <fieldset>
    <div class="row">
        <label>Name</label>
        <input type="text" value="King"/>
    </div>
    <div class="row">
        <label>Contact</label>
        <input type="text" value="dongrikin@gmail.com"/>
    </div>
    </fieldset>
</div>
・・・・・

後も続きますが、大体はこんな感じで追加していきます。
作成したページがこちらになります。
http://www.dongrikin.com/iphone

※iPhone2.1は設定しないでください。場合によってカレンダーまで起動できなくなります。(2008/09/26更新)

Googleファンである私はGoogle Calendarを使って日常のスケジュールを管理してます、iPhoneを購入してからずっと iPhone CalendarとGoogleCalendarを同期させるアプリを探してました。NemusSyncというアプリはありますが、Cydiaからはまたインストールできないみたいです。今日紹介するのはNuevaSync というサービスです。アプリではありません、ですのでJailbrekの必要もありません。

1. まずはユーザ登録
https://www.nuevasync.com/PublicSite/self-signup.htm
ユーザ名、メールアドレス、パスワード入力して仮登録、確認メールが届くのでverify URLで本登録を行います。

2. Calendarのchange
ログインすると Calendar, Contacts, Email, Tasks などの項目があります。
① Calendarのchangeをクリック
② Goolge選択
③ Click to configure your service… クリック
④ Your Google account id* に Googleアカウント入力してRequest Account Accessクリック
⑤ Googleページに飛び、次へボタン押下
⑥ Grant access ボタン押下で、
nuevasyncに戻る
⑦ 戻ってくるとCalendarの灰色の○が緑に変わりました。(成功)

3.iPhoneでの設定
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」
Microsoft Exchange選択
メールアドレス、ユーザ名、パスワードはNuevaSync登録時のものを入力→次へ
「サーバ」に「www.nuevasync.com」と入力→次へ
メール、連絡先をオフにしてカレンダーのみをオン→保存
同期確認ができ来るので「同期」をクリック。

これでiPhone Calendar と Google Calendar は両方向自動プッシュで同期できます。やっぱりプッシュ型がいいね。

余談:
そもそも nuevasync.com は何者?いきなりサービスを停止したらどうする?とりあえずそんな心配はいらないか

今日iPhone Dev TeamのBlogをのぞいてみたらiPhone2.0.1対応のPwnageToolが公開されてました。早速iPhoneのバージョンをアップデートしてJailbreakしてみました。Jailbreakの経験者には難しいことはないと思いますが、一応インストール画面を入れておきます。

以下のサイトからPwnageTool_2.0.2.tbzをダウンロード
* http://stevenlu.com/files/iphone/PwnageTool_2.0.2.tbz
* http://forty2blog.de/PwnageTool_2.0.2.tbz
* http://www4.zippyshare.com/v/73243631/file.html
解凍してからPwnageTool.appを実行

A-[iPhone 3G 選択] B-[iPhone1,2_2.0.1_5B108選択] C-[Yesボタンクリック]

D-[Yesボタンクリック] E-[Building] F-[Macパスワード入力]

G-[Noボタンクリック] H-[電源を切る] I-[ 待つ… … ]

J-[ボーム,スリープボタン同時に押下] K-[スリープボタンのみ放す] L-[DUF モード待ち]

iTunesが「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました。」とアラートが出てくるので、OKボタンを押下。
※注意
「option」キーを押しながら「復元」ボタン押下し、デスクトップに出来上がった「iPhone1,2_2.0.1_5B108_Custom_Restore.ipsw」を選択します。

iPhoneが再起動され、画面に「誰かに一口食われたパイナップル」が出てきます。
再びiPhoneが再起動され復元行われます。

起動されたiPhoneにCydiaというアプリが出てきたらJailbreak成功!

先日やっと脱獄に成功しましたが、今日まだ監獄に戻されました。原因はiPhoneソフトウェアをアップデートしたので…

iTunesを立ち上げたら「新しいiPhoneソフトウェアバージョン(2.0.1)を利用できます。今すぐダウンロードしてインストールしてもよろしいですか?」と聞いてきたので、何も考えずインストールしました。インストールが完了したら JailbreakでできたCydiaがなくなって、Terminalもカスタムテーマも全部なく亡くなりました。(汗…) すごく後悔するけど、やってしまったのでしょうがないか…

でも気が済まないので、再度Jailbreakを試してみました。はじめは順調に行ったようでしたが、最後の復元のところで進まなくなってました。やっぱりAppleのほうでJailbreakの防止対策だなと思いました。諦めようか・・・でも気が済まない!とその時思い出したのがiTunesのバックアップでした。確かJailbreak前にiPhoneのバックアップをした覚えがあったので「復元」でその日まで復元してみたら、お!バージョンが2.0に戻ったらしい!再度Jailbreak。成功した!

おそらく近いうちに iPhone Dev Team の PwnageTool もバージョンアップされると思いますので脱獄者たちはそれまで待ったほうがようかも知らないですね。

VS

この戦い面白そう

※iPhone 2.0.1 は こちら

そもそもJailbreak(脱獄)って何だろう?通常のiPhone用アプリはAppleの審査をパスしてAppStoreに配布されます。ユーザはAppStoreからしかアプリをインストールすることができないわけです。たとえばいくらよいアプリを作ったとしてもAppleの審査をパスできなければユーザはそれを使うことができません。Jailbreakはそのような非公式アプリを簡単にインストールできるようにするiPhoneアプリケーションです。当然なことにAppleにとっては頭の痛いことですね。ですので、Jailbreakで起きた障害はAppleの保障対象外になります。以下、Jailbreak手順を説明しますが、自己責任でお願いしま~す。(自分もドキドキしながらやっちゃいました)

1. 環境
OS : Mac OS X Leopard
iTunes : 7.7.1

2. PwnageToolダウンロード
以下のサイトから
PwnageTool_2.0.1.zipダウンロードします。
http://xs1.iphwn.org/video_assets/PwnageTool_2.0.1.zip
http://thebigboss.org/repofiles/nonrepo/PwnageTool_2.0.1.zip
http://www.hackint0sh.org/forum/mirror/PwnageTool_2.0.1.zip

3. iPhone Software 確認
「Finder」で「ライブラリ」→「iTunes」→「iPhone Software Updates」フォルダ内に「iPhone1,2_2.0_5A347_Restore.ipsw」が存在してるかを確認します。(おそらく7月11日購入後何もしてない状態だと存在しないはずです)存在しなかった場合はソフトウェアのアップデートを行います。iTunes を起動し、復元ボタンを押下すると「iPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」のダイアログが表示されますが、心配することなく「復元と更新」クリックしてください。データはソフトウェアのアップデート後復元できます。完了するとiPhone のバージョン2.0 (5A347)になります。それと「iPhone1,2_2.0_5A347_Restore.ipsw」も作成されると思います。

4. 開始
iPhoneをiTunesに接続して、先ほどダウンロードしたPwnageTool_2.0.1.zipを解答するとPwnageTool.app出てくるので、ダブルクリックで起動します。

① Copyright 2008 iPhone DevTeam…..
OKボタン押下

② 右側のiPhone. 3G選択して次へ

③ iPhone1.2_2.0_SA347_Restore.ipsw 選択して次へ

④ We will now create an….
Yesを選択して次へ

⑤ Are you legit iPhone 3G user?
Yes選択して次へ
(ファームウェア作成開始、途中でMacのユーザとパスワード入力)

⑥ Has your iPhone 3G …
No選択して次へ

⑦ スリープボタンを長押しで電話をオフ

ホームボタンをスリープボタンを同時に10秒間押し。
画面が変わったらスリープボタンのみを離します。(ホームボタンは押したまま)

⑨ Successfully entered DFU mode!
OKボタン押下

5. Jailbreak
iTunesが「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました。」とアラートが出てくるので、OKボタンを押下。
※注意
「option」キーを押しながら「復元」ボタン押下し、デスクトップに出来上がった「iPhone1,1_2.0_5A347_Custom_Restore.ipsw」を選択します。
iPhoneが再起動され、画面に「誰かに一口食われたパイナップル」が出てきます。
再びiPhoneが再起動され復元行われます。

起動されたiPhoneにCydiaというアプリが出てきたらJailbreak成功!

6. Terminalをインストールしてみる
Cydiaを起動してFeatured Packagesタグをクリック、MobileTerminal(soft of)タグをクリック、右上のinstall ボタンをクリック、confirm をクリックでインストール。完了するとデスクトップ?にTerminalアイコンが出てきます。これでiPhoneの内部を覗けるようになりましたね。(何でもできちゃう?)

ちなみにroot と mobile ユーザのパスワードは以下のようになります。

root : “alpine”
mobile : “dottie”

以外以外、ずいぶんと安全性の低いパスワードでしたね