Info


昨日、横浜で行われたGoogle Developer Day 2008に行って来ました。先輩から誘われたのですが、行ってみて本当によかったと思いました。

朝8時に起きて名刺と入場券の準備。横須賀線で横浜へ、みなとみらいに着いたのが9時40分。先輩と待ち合わせしてパシフィコ横浜へ。入り口のところにあるでっかいGoogleロゴを見た瞬間、「しまった!カメラ持ってくるのを忘れた!」。こんなイベント参加するのが初めだったもんで…(来年は忘れない)

入場してメインホールに着いたら既に大勢の人が席に座ってました。意外と多くの人がノートPCを持ってました。空いてる席を見つけて間もなく開始されました。村上憲郎氏の挨拶から始まりました。今年のテーマは3つの「C」。

  1. Cloud
    クラウドをよりアクセスしやすく
  2. Connectivity
    コネクティビティをユビキタスに
  3. Client
    クライアントをよりパワフルに

Cloudには「Google App Engine」、Connectivityには「Android」、Clientには「Gears」と順に説明がありました。「Android」は今回はじめて聞きました。デモを見ると「iPhone」と似たようなUIを開発できるらしいです。Google Maps API for Flashデモでトラブルも発生しましたが、まあ~理解できる話ですよね。午後のセッションデモではちゃんと動いたようです。12時から各セッションが始まりました。人気のある「Google App Engine」のセッションはアメリカのエンジニアが講演しました。サンプルを作成してる途中で何回もコンパイルエラーが発生して笑いも取れました。自分の話だと「自分もまだ完璧ではないということですね」(ハハハ)。最後のセッションは「Googleソフトウェア エンジニアの日常」を聞きました。Googleほとんどのプロジェクトはボトムアップ的に始まったものだと言いました。何かというととりあえずアイディアがひらめいたら、20%プロジェクトとして開始する、認められたらメインプロジェクトとして発展させるということです。主に使ってる言語はC++、Java、Python、Javascript。ちょっとびっくりしたのは、ソースの共有でした。要するに秘密プロジェクトなどはないと、Googleの一員であればGoogleのすべてが見れるということですね。うらやましい~

充実は1日でした。来年も参加したいな。

Comments

No comments yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS