Info

一か月ほど前Googleから発表された新しいサービス「App Engine」ですが、今日やっと試すことになりました。他社(Amazon)のサービスと比べ、Google Bigtableにアクセスできて、GoogleFileSystemデータストレージサービスから構成されてるのが魅力だと思います。

1.まずは、Pythonの環境を作成。
http://www.python.org/download/ から Pythos2.5のインストール。
インストール完了後パスの設定を行います。
バージョン確認

C:\>python -V
Python 2.5.2

C:\>

2.SDKインストール。
http://code.google.com/appengine/downloads.html から自分のプラットフォームに合わせてSDKをダウンロードして、インストール。今回はWindowsで試したので、GoogleAppEngine_1.0.2.msi をダウンロードしてインストールしました。

3.デモを実行してみる。
AppEngineのインストールが完了すると C:\Program Files\Google\google_appengine が出来上がるので、コマンドプロンプトからそこに移動します。

C:\>cd C:\Program Files\Google\google_appengine
C:\Program Files\Google\google_appengine>dev_appserver.py demos\guestbook

http://localhost:8080 にアクセスしてみる。ゲストブックが表示されてることを確認

4.Hello Worldを作成してみる。
google_appengineの下に新たに helloworld フォルダを作成、その下に app.yaml と main.py ファイル作成。

app.yaml
application: helloworld
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
– url: .*
script: main.py

main.py
#!/usr/bin/env python
print “Hello World”

作成完了後もう一度http://localhost:8080にアクセスしてみる。「Hello Wolrd」ができた!

ローカルで作成したアプリケーションを公開するためにはアカウントが必要ですが、まだ貰えませんでした。待つ……

Comments

One Comment

Post a comment

Trackbacks & Pingbacks

  1. AppEngineでFlickr APIを使ってみよう « foot mark

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS