Info

最近いろんなAjaxのライブラリが出回ってます。Prototype、lightbox、ricoなどなど。まとめは こちら
し かし、これらのライブラリはクライアント側(Javascript)の処理であり、サーバ側はまだ自力で処理してxml形式なり、テキスト形式なり結果を Javascriptに渡す必要があります。単純に使った場合はサーバ側のロジックとクライアントのロジックが別々になるわけです。

タイトルであるSymfonyは二つの処理を一つにまとめたPHPフレームワークです。特徴としては、MVCは当たり前のことで、RubyOnRails の影響を強く受けたコード自動生成機能にAjaxライブラリの利用ぐらいかな。PHPコード中にタグを書くと自動的にAjax化された Javascriptが生成されるのが魅力的です。当然内部ではprototypeを使ってます。

イメージ ドラッグ&ドロップ サンプル
サーバー側

<?php echo image_tag('product'.$id,array( 'id' => 'product_'.$id, 'class' => 'products',))?>
<?php echo draggable_element('product_'.$id, array('revert' => true)) ?>

クライアント側に生成されるコード

<img id="product_0" class="products" src="/images/product0.png" alt="Product0" />
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
new Draggable('product_0', {revert:1})
//]]>
</script>

Comments

No comments yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS