Info

 久しぶりに入管(入局管理局)に行った。日本の方にとってはあまり聞いてないかも知らないが、私たち外人にとってはよく知ってるところだ。ビザの更新、在留期間延長、再入国などなどすべて入管で手続きを行うので、よく付き合う。

 今回は家族滞在ビザの申請ため行った。必要な書類は前もって用意したので出すだけ、自分の番号が呼ばれてカウンタまで行った書類は渡した。いきなり「ここ、書かないと駄目だよ!」、えっ!びっくりした。あれ?!昔もこんな言葉で対応してだっけ?普通は敬語だよね、それにあんな喋り方はないでしょう!せめて「ここにも書いてください」とか、「ここに書かないと受付できませんので、書いてから提出してください」とか。

 なんであんな言葉使うんですかね?ずっとそうだったが自分が気づかなくて今回初めて気づいた?あのお姉さん、今日機嫌悪いから?外人にとって、難しい敬語より分かりやすい?

 その後、銀行に行った、え?同じ。最初は敬語で対応してくれたが、申請書に名前とか書いてから提出すると、あのお姉さんも敬語使わなくなった。何で?

 今日自分が遭ったことはたまたま偶然のこと?わからん!

Comments

No comments yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS