Info

Archive for

 久しぶりに入管(入局管理局)に行った。日本の方にとってはあまり聞いてないかも知らないが、私たち外人にとってはよく知ってるところだ。ビザの更新、在留期間延長、再入国などなどすべて入管で手続きを行うので、よく付き合う。

 今回は家族滞在ビザの申請ため行った。必要な書類は前もって用意したので出すだけ、自分の番号が呼ばれてカウンタまで行った書類は渡した。いきなり「ここ、書かないと駄目だよ!」、えっ!びっくりした。あれ?!昔もこんな言葉で対応してだっけ?普通は敬語だよね、それにあんな喋り方はないでしょう!せめて「ここにも書いてください」とか、「ここに書かないと受付できませんので、書いてから提出してください」とか。

 なんであんな言葉使うんですかね?ずっとそうだったが自分が気づかなくて今回初めて気づいた?あのお姉さん、今日機嫌悪いから?外人にとって、難しい敬語より分かりやすい?

 その後、銀行に行った、え?同じ。最初は敬語で対応してくれたが、申請書に名前とか書いてから提出すると、あのお姉さんも敬語使わなくなった。何で?

 今日自分が遭ったことはたまたま偶然のこと?わからん!

 Javaの初心者ためにちょっと解説 。何年のJava開発してた人にとってもはっきり分かってないことかも知りません。絶対とは言わないですが、少なくもない…

普通の流れのながれ。

  1. Javaを勉強したいと思った( or 上司から勉強しろ)
  2. 誰かに聞くかネットで調べる
  3. ~と、環境構築でJDKをインストールしてくださいと
  4. JDKインストールして、コマンドプロンプトで”HelloWorld”
  5. 次に「便利なツールあるよ」、それはEclipse
  6. Eclipseをインストールして使い始める
  7. なんでパッケージとかクラスパスとか気にしなくてもできちゃうの?
  8. 通常は深く考えない。
  9. 結果は何年だっても分かってない。

 Eclipseで書いたJavaコードがコンパイルできて、***.classファイルが生成されるのは、JDKがインストールされたからだと思いがちです。実はそうではないです。別にJDKをインストールされなくてもJREさえあればコンパイル、実行が可能です。JDKとはJava Development Kitの略で、Javaでの開発のために必要な、コンパイラなどのツール群のことです。これだけだとコンパイルはできますが、実行はできません。そこでJRE。JREとはJava Runtime Environmentの略で、Java言語で開発されたソフトウェアを実行するために必要なソフトウェアのセットのことです。別にJavaの開発を行われてない方のコンピュータにも、必ずとはいえませんが、JREはインストールされてる場合多いと思います。ネットで遊んでるうちにJavaアプレットで作られたゲーム、株価チャート、などを実行するためには実行環境が必要なため知らないうちにJREがインストールされてると思います。

 Eclipseはただのメモ帳の代わりのものではなく、Eclipse内部でも独自のコンパイラーを持ってます。当然SunのJDKと互換性を持ってます。

 上の流れて、5と3を逆に答える人はないと思います。そう答えた場合は、Eclipseをインストールして起動できないからです。3の前にJREをインストールしてから、にすれば正しいですが。

 先月から事務所のsendmailが使えなくて、一ヶ月ほどあっちこっち弄ってみたが失敗で終わった。

 現象は以下のようだ。

  1. 8月初旬まで使えてが、あるひ突然使えなくなった。
  2. サーバが2台あって(Solaris、FreeBSD)、同時に使えなくなった。
  3. Outlookのメールは普通に送受信可能。
  4. プログラムから(PHP、Perl)のsendmailは正常に終了するが、メールが届かない。
  5. キューにも溜まってない。

 始めは誰かが許可なしにサーバーを弄ったからそうなったでしょうと思っていろいろ調べてみたが結果が出なかった、その後はずっと宿題として残った。暇なときに調べたり、弄ったり、。一つ気になるのは、サーバの設定がおかしいのが原因であれば、なんで2台が同時に使えないだろう?誰かがわざと設定を変えない限りは確率が低すぎる。ハッキングされる可能性の低い。ルータの設定?上の人に聞いてみてもだれも弄ってないと、、、

 確か、8月ごろに事務所の中から会社のメールを受信できなくて、メールサーバーの指定をPlalaにしたとかの話は耳にしたが、気にしてなかった。もしかしてと思ってネットで検索してみたら、”ぷららが迷惑メール対策強化,国内プロバイダ初「ポート25ブロッキング」採用” 。やっぱりそうだった。

 一瞬クッソ!と思った、いらいらしながら調べたが原因はそれか?!。まあ~sendmailについては一層勉強になった部分もあって、いいや。上のものと相談してプロバイダーを変える?sendmailを使わないグループウェアにする?次の課題だね

最近、本職(現場での仕事)以外にアルバイトとして小さいな仕事をやり始めました。主に平日の夜と土日の時間を利用して、サーバサイトシステムの開発です。言語はPHPとPerlなどUnix系なので、開発環境が便利。サーバ一台設置して一回作っちゃえば後は何処からでもFTPで繋げるので、自宅での開発もらくらく。秀丸FFFTP + TeraTerm + Outlook。

今回の仕事はPerlであるページをStaticからDynamicに変換することでした。ベースになったCGIソースを除いてみるとすごい!CreateDateが1998年、LastUpdateが2000年になっていました。今まで見たソース中では一番の年寄りでしたね。

「経験豊富な先輩たち」がこの記事をみて笑うかも知らないが… 大切に使おう~

 久しぶりにハンゲームに遊びに行ってみた。去年の今ごろ?もうちょっと前かな、登録して遊んでみたが結構面白かった、あったこともない人と五目並べもできて、チャットもメールもできて、ゲームの種類はいっぱいあったけど、五目しかやってないけどね、「達人」まで上ってからは時間もないし、やる気かなくなって。噂かも知らないがルール違反をするやつがいっぱいいると聞いていた、昔から。詳しくは分からないが、複数のユーザを作成して二台のパソコンでやる方法、つまり自分と遊ぶ。何が面白いか?

 その後は全然ログインしてなかった。今日ログインしようしたらログインIDとパスワードをわすれて、パスワードだけだとなんとかできたが、ログインIDまで忘れたなんて「ハンゲームには申し訳ない」。これは再登録するしかないね、と「無料会員登録」をクリック。ちょっと感動した。

 ハンゲームID入力でリアルでチェックが掛かっていた、一文字目を入力するとしたに「半角3文字、全角2文字以上入力してください。」と注意事項が出力された、その後3文字目まで入力したら「他の方が使用してるIDです。」と出力された。このようにリアルでチェックしてくれる機能は本当によかった。感動1

 メールアドレスもそうだった。一文字目入力すると「入力中」、「***@***.***」のファーマットになった時点初めて「OK」のメッセージが出た。感動2

 メールアドレスの再入力。一致するまで「一致しません」、一致した時点で初めて「OK」のメッセージが出てきた。これは普通と思うが、初めて入力したメールアドレスをマウスでコピーできないように制御していた。感動3

 感動ばかりでもなかった。同然リアルのチェックなので、非同期だとしても若干遅い感じがした、入力中に。上で喋ったことは今のWebでは大したことでもないが、ハンゲームみたい歴史のあるサイトでこんな最新技術を採用することがちょっと気になった。

今日、PHPで作られたグループウェアWizを弄ってみました。中にはファイル共有機能があってデフォルトのアップロードサイズは5MBでした。これはけちすぎる。少なくとも50MBにはしないとね。

早速環境定義ファイルであるgw.phpの中身をのぞいてみたら、$maxfilesize = “5242880”;という変数の定義がありました。メガバイトに換算すると大体5MBだったので、これだ!後ろに0をつけて10倍にしました。更新した定義ファイルをサーバーアップロードしてから、16MBぐらいのファイルをアップロードしてみました、が、アップロードされない。正常か異常かの結果も出してくれない。これは困ったね、どこが悪い?試しに6MBのファイルをアップしてみたら、これは上手くいった。定義ファイルの更新は反映されたぽい。これはどこかでサイズの制限が掛かってるね。

ネット調べてみたらphpの設定にもアップロードの最大サイズを定義できるみたい、php.iniの中を検索して以下のものが発見されました。

max_execution_time=30
post_max_size=8MB
upload_max_filesize=8MB
 

タイムアウトが30秒、POST形式で送れる最大サイズが8MB、ファイルのアップロード最大サイズが8MB。これを50MBにすれば解決できそうな予感。それぞれ、50MBに変更して保存、Webサーバ再起動。もう一回さっきの16MBのファイルをアップしたら、上手くいきました。

今日新しい単語覚えた。サイバースクワッター:Cybersquatter
ネットで調べたら「転売できそうなドメインを多数登録し、高額で売りつけて一儲けを企てている人達の総称」と書いてあった。結構前、Kimのブログに www.ie7.com 面白いと、アクセスしてみたら凄い!「キツネ」が出てきた。あれ?

そのときは、まあ、だれかのいたずらでしょうと思って、特に気にしてなかった。多分、いつかMSが高額でドメインを買うでしょうと思ってた。でも今日の 「マイクロソフト、サイバースクワッターを提訴」 記事みるとそうでもないみたい。ドメインはやっぱり法律で保護されていた。

  • 周りの友達の注目されたい
  • 自分よりpowerを持っている人に注目されたい
  • ネットで穴を掘って自分の秘密を埋める、気分がよくなる (有効と思ってる人は何人いる?)
  • 自分が所有してる、自分が知ってるのを誇示、あるいは共有と言う (大部分の人)
  • 学術性交流 (少数)
  • GoogleAdsenseで金を儲かる (極少数)

 BookMarkと違ってClipmarksはあるページの断片をクリップして、ブックマーク、タグ付け可能な無料サービスです。Clipmarks.com はいつからサービスを提供してるかははっきりしてないが、ネットに書いてある記事を見た限りは結構前からあるサービスみたいです。

 Web2.0の文字に引かれて、とりあえず使ってみたい。サイトにアクセスして、ユーザ登録、すると Install the clipping tool と書かれたリンクがありました。セットアップファイルをダウンロードしてインストール。完了されたらIEの右側のメニューバーにアイコンが出てきました。お~これか!緑色のアイコンをクリックしてマウスのカーソルとページに当てると、お~もっと凄い!クリップ範囲を指定する黄色い四角線がでてきました。凄いと言っても、そんなに驚いてはなかった。ちょっと前までもびっくりするかも知らないことが、今は「あれが普通、普通」というほどあれぐらいなら普通だった。

 試しにページの一部分をマークつけて myclip に追加してみたが、思ったとおりではなかった。画像が表示されなかったり、一部のレイアウトが崩れたり、それに重い。ユーザの同時アクセス数が多いのが原因かも知らないがいらいらするほどレスポンスが遅い。今のWeb2.0ページでユーザをいらいらさせるのは致命的だと思うが、どう改善するのでしょう???

 clipmarks1.JPG