Info

システムが稼動して何年か過ぎると必ず出てくる問題、性能の問題だと思います。原因はいろいろ、データ量の増加、ごみデータ生成、ユーザ数の増加などなど。

最近、バッチ処理の性能改善をやっていて、いろいろ感じてます。Oracleに対して知らなさ過ぎ。DMLはまあまあ、性能調査に入ると何をどうすればいいかも分からない。
ある処理のSQLをチューニングして、元々は5分の処理を2分以内で抑えました。ここで問題、元々の5分はデータベースがどうゆう状態でも変わらない、チューニングした後の2分は都合のいいときだけ、都合のいいときといってるのは、何回も同じSQLを実行して、Oracleサーバにキャッシュを残して処理時間が一番早いときを指します。確かにこうゆう問題の発見は難しいと思います。テストしてるときに一回、二回SQL発行したが、遅い、多分ほかの人も重いSQLを発行してたからでしょうと思いがち、三回目実行、うん~早い、俺一人だけ使うと早い。本番にあげてみると10分、20分掛かってしまった。

都合いい時だけとるんじゃねよ!

Comments

No comments yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Basic HTML is allowed. Your email address will not be published.

Subscribe to this comment feed via RSS